HearthStoneのパック開封ログ(ウィッチウッド環境)

HearthStone(ハースストーン)の妖の森ウィッチウッド環境(2018.04.13〜2018.08.07)のパック開封ログです。9月更新の予定が11月になってしまいました。

過去の開封ログは以下です。

※あくまで自分の開封状況を残しているだけです。

ウィッチウッド環境

パック

  • クラシック:25パック
  • 大魔境ウンゴロ:22パック
  • 凍てつく王座の騎士団:1パック
  • コボルトと秘宝の迷路:13パック
  • 妖の森ウィッチウッド:193パック

開封元

  • 課金パック:110パック
  • 内部ゴールド:104パック
  • イベント関係:14パック
  • 見とり稽古などのクエスト:9パック
  • 酒場:17パック
  • 闘技場:0パック

開封内容

  • コモン:881枚
  • レア:276枚
  • エピック:55枚
  • レジェンダリー:12枚
  • ゴールデンコモン:23枚
  • ゴールデンレア:18枚
  • ゴールデンエピック:5枚
  • ゴールデンレジェンダリー:0枚

合計:1270枚(254パック)

ウィッチウッド環境でのレジェンダリー排出記録

括弧の中が開封に要したパック数。尚、最初に無料で1枚貰えるレジェンダリーはエメリスでしたが、開封ではないので下記には記載していません。

2018_04 逢魔に堕つアヴィアナ(7) アッシュモア伯爵夫人(7)
  テス・グレイメイン(7) アザリナ・ソウルシーフ(36)
  ダリアス・クロウリー(22) 魔女ハガサ(31)
  大魔術師アルガル(23) 硝子の騎士(19)
2018_05 月を食らうものバク(38) エドゥイン(12)
2018_06 世界樹の小枝(25)  
2018_07 クラッチマザー・サヴァス(36)  

全体でみた場合のレジェンダリーの平均出現率は約22パック。ただし、前環境の救済タイマーや最初10パック分のレジェ保証などがあるため、あまり参考にはなりません。ウィッチウッドのみで集計すると、レジェンダリーの平均出現率は21.4パックでした。

ゴールデンを抜いた場合のウィッチウッドのエピックの間隔は約5.2パック。最短は1パック、最長は10パックでした。

旧環境を合わせた統計

ログ取りを開始した2016年3月1日〜2018年8月7日(メカメカ大作戦リリース前)までの全パック開封内容は以下になります。それ以前のログ(約半年分)は残っていません。

パック

  • クラシック:420パック
  • グランドトーナメント:70パック
  • 旧神のささやき:194パック
  • ガジェッツァン:134パック
  • 大魔境ウンゴロ:257パック
  • 凍てつく王座の騎士団:309パック
  • コボルトと秘宝の迷宮:235パック
  • 妖の森ウィッチウッド:193パック

開封元

  • 課金パック:874パック
  • 内部ゴールド:661パック
  • イベント関係:87パック
  • 見とり稽古などのクエスト:34パック
  • 酒場:120パック
  • 闘技場:36パック

開封内容

  • コモン:6345枚
  • レア:1952枚
  • エピック:363枚
  • レジェンダリー:92枚
  • ゴールデンコモン:146枚
  • ゴールデンレア:127枚
  • ゴールデンエピック:26枚
  • ゴールデンレジェンダリー:9枚

合計:9060枚(1812パック)

各パックの開封枚数は異なりますが、割合で見ると結果は大体同じです。

おわりに

ややレジェンダリーの排出率が悪かった気がします。ゴールデンレジェンダリーも0でした。エピックは前回と同じで平均5パック前後ですが、やはり上下の斑は激しいですね。

環境面ではナーフ前はコボルトの延長戦したが、ナーフ後は偶数奇数が飛び抜けてきました。しかし、それが現在のメカメカにかなり影響を出している気がします。新カードを主軸で組んでも奮わないため、結果パックを剥く必要がなくなるという…

そんなメカメカ大作戦環境の開封ログは12月に記載予定です。