PhotoShopで全ピクセルをガイドで囲む

Photoshopでドット絵を描く場合、自分の手法としては、全ピクセルをガイドで囲み打ち込んでいる。要はガイドを方眼紙に見立てている。

今までこのガイドは手動で作ったテンプレートファイルを再利用していたのだが、ドキュメントのサイズが変わると作り直しに手間がかかるため、スクリプトを作成して自動化することにした。

ファイルは必要であれば、コチラからDLできます。


/*
<javascriptresource>
<name>ガイドで囲む</name>
<about>全ピクセルをガイドで囲みます</about>
<category>Guide</category>
<enableinfo>true</enableinfo>
</javascriptresource>
*/

var appName = app.name;
if (appName.indexOf("Photoshop") > -1) {
    if (app.documents.length > 0) {

        if (app.preferences.rulerUnits != Units.PIXELS) {
            app.preferences.rulerUnits = Units.PIXELS;
        }

        var documentObj = app.activeDocument;
        var w = documentObj.width.value;
        var h = documentObj.height.value;

        for (var x = 0; x <= w; x++ ) {
            activeDocument.guides.add(Direction.VERTICAL, x);
        }
        for (var y = 0; y <= h; y++) {
            activeDocument.guides.add(Direction.HORIZONTAL, y);
        }
    }
} else {
    alert("sorry, only photoshop");
}

これをPhotoshop本体が入っているディレクトリ例えば、CS6ならAdobe\AdobePhotoshop CS6\Presetsに保存する。PhotoShop起動後、新規でドキュメントを作成し、メニューからファイル>スクリプト>ガイドで囲むを行うと、全ピクセルがガイドで囲まれます。

尚、スクリプト実行時にPhotoshop内部の単位の取り扱いをピクセルに変換させているので、他の単位(pointやmmなど)で作業する場合は注意してください。