エレコムのマウスを修理に出した

修理に出していたエレコムのマウスが返ってきた。

内容はマウスホイールの空回りの修理。購入後2か月で保証期間内。

8月24日送付、25日到着。修理が28日に終了。9月1日に自宅到着の流れだった。

梱包

それなりの梱包でマウス+修理報告書が入っていた。

修理報告

報告書を読むと「製品交換」の文字が。

マウス

新品が届いた。

安価マウスは新品交換の可能性が高い?

修理担当者のナンバーからして、修理の振り分けは10人程度の模様。

依頼フォームの注意点に以下のような表記もあった。

修理品の交換について
修理が困難な場合には、修理せずに同等品と交換させて頂く事がございます。

ホイールの空回り程度を修理しないわけですし、安価なマウスなんかは新品交換の方がコスト安なのかもしれない。

また、商品の箱にダメージが見られたので、アウレット品などの訳あり商品を交換用として利用しているのだと思われる。

コメントする




5 × three =