別ドライブへのLinuxインストール

Windowsとは別にLinuxを入れたので簡単な覚え書き。

導入前の状態

  • SSD(C:)
  • HDD(D:)

SSDにWindows 8.1がインストールされている。

ハード増設

ハードディスクを1台増設してそこに丸ごとLinux(Ubuntu)を入れることにした。

尚、購入したのはSEAGATEの2TB

BIOS(MBR) or UEFI(GPT)

現行のWindowsはUEFIモードでインストールされているが、UbuntuはBIOS(MBR形式)でインストールした。

理由は独立しているのでUbuntuを削除するとき楽だから。例えばUbuntuの削除時にブートメニューからUbuntuを削除したり、diskpartを使ってシステムパーティションからGRUBを消すという作業が不要。

ただし、起動は毎回ブートメニューからデバイスを切り替えて利用する必要がある。

1つのディスクにGPT/MBRを共存させることはできないが、他ディスクならば可能みたいだ。

Live USB作成

Rufusというソフトを使いLive USBを作成した。

「パーティション構成とターゲットシステムの種類」でMBR/GPTを選べるが、デフォルトは両方可能になっているのでそのままでもいい。

インストール

F11からブートデバイスを指定できるので、これでUSBを選択。

このときAHCI(BIOS)でブートになっているか確認しておく。

インストールは、「/」と「swap」領域のパーティションを作成して後は流れ通り進める。インストールが終わり再起動すると通常通りWindowsが起動する

以後、Ubuntuを使いたいときはF11からブートデバイスを選択して起動する。

コメントする




twelve − 6 =