CentOS6でphpenv

先にEPELとIUSを追加しておく。

Apache2.4を入れない場合はEPELのみでOK。


yum install epel-release
rpm -Uvh "https://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/CentOS/6/x86_64/ius-release-1.0-14.ius.centos6.noarch.rpm"

Apache2.4のインストール


yum install --enablerepo=epel,ius httpd24u
apachectl start
could not reliably determine the server's fully qualified…

起動できないのでhttpd.confを修正。


# ServerNameのコメントを外す
ServerName http://example.com:80

再起動し、自動起動させる。


apachectl restart
chkconfig httpd on

ライブラリのインストール


yum install -y re2c libxml2-devel openssl-devel readline-devel libcurl-devel \
libjpeg-turbo-devel libpng-devel libmcrypt-devel libtidy-devel libxslt-devel git
yum groupinstall "Development Tools"

phpenvのインストール


curl https://raw.githubusercontent.com/CHH/phpenv/master/bin/phpenv-install.sh | sh

PATHを通す。下記はrootの例


echo 'export PATH="/root/.phpenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(phpenv init -)"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

phpenvのバージョン確認にはphpenv -Vとする。

php-buildのインストール


git clone git:github.com/CHH/php-build.git ~/.phpenv/plugins/php-build

インストールできるバージョンは、phpenv install -lで確認できる。

phpenvによるphpのインストール

試しに5.6.8をインストールする


phpenv install 5.6.8

警告が発生


configure: warning: You will need re2c 0.13.4 or later if you want to regenerate PHP parsers
configure: error: mcrypt.h not found. Please reinstall libmcrypt.

下記をインストール後、再インストールを行う。


yum install --enablerepo=epel re2c
yum install --enablerepo=epel libmcrypt-devel

インストール済みのPHPのバージョンはphpenv versionsで確認できる

グローバルで使うPHPの設定


phpenv global 5.6.8

尚、php.iniは~/phpenv/versions/バージョン/etc/に置かれている。

コメントする




1 × 5 =