CentOS6.7にPHP5.6をインストール

世間ではPHP7ですが、勉強用としてPHP5.6を入れます。

baseのは古いので、Remiを使う。

EPEL

RemiはEPELが必要なので先に入れる。


yum install epel-release

baseと競合しないよう通常はオフにする。


# /etc/yum.repos.d/epel.repo

[epel]
enabled=0

Remi

リポジトリを追加。


rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

デフォルトで無効になっているはずだが、一応確認をしておく。


# /etc/yum.repos.d/remi.repo

[remi]
enabled=0

PHPのインストール


# インストール
yum install --enablerepo=remi-php56 --disablerepo=base php

Installed:
php.i686 0:5.6.17-1.el6.remi
Dependency Installed:
libzip-last.i686 0:1.0.1-1.el6.remi
php-cli.i686 0:5.6.17-1.el6.remi
php-common.i686 0:5.6.17-1.el6.remi
php-pecl-jsonc.i686 0:1.3.9-1.el6.remi.5.6
php-pecl-zip.i686 0:1.13.1-1.el6.remi.5.6

モジュール

以下のモジュールを入れる。

  • mbstring
  • pdo
  • mydqlnd

# インストール
yum --enablerepo=remi-php56 --disablerepo=base install php-mbstring php-pdo php-mysqlnd

Installed:
php-mbstring.i686 0:5.6.17-1.el6.remi
php-mysqlnd.i686 0:5.6.17-1.el6.remi       
php-pdo.i686 0:5.6.17-1.el6.remi

初期設定(/etc/php.ini)

以下、開発環境用として設定。


# バッファリング処理を有効化
output_buffering = On

# HTTPヘッダからPHPのバージョンを消す
expose_php = Off

# エラーを画面に表示する
display_errors = On

# エラー出力レベル
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE & ~E_DEPRECATED

# エラーをサーバのエラーログに保存する
log_errors = On

# 出力文字コード
default_charset = "UTF-8"

# セッションはクッキーを使う
session.use_only_cookies = 1

# デフォルト言語
mbstring.language = Japanese

# 文字コード検出のデフォルト値
mbstring.detect_order = auto

# 無効な文字を代替する文字を定義(none:代替しない)
mbstring.substitute_character = none

# デフォルトのタイムゾーン                     
date.timezone = Asia/Tokyo

PHP5.6からは、mbstring.http_inputmbstring.http_outputmbstring.internal_encodingが非推奨になっているので、これらはコメントアウトしたままにしておく。

コメントする




19 − twelve =