故障したM-XG2DBBKを分解

故障内容は、背面のBlueLEDの部分が電源ON後、3秒ほどで消えてしまうというもの。

このため、マウス操作が一切できない状態になっていた。

step1

解体するとサポート対象外になるので、分解前には注意を。

分解

背面のラバー下にネジがあるため、これをすべて外していく。

ラバーは爪で力を加えると簡単にめくることができる。

step2

ネジは「Y型」だったが、マイナスドライバーで外すことができた。

ネジをすべて外すと、カバーを上下で分けることができる。

step3

写真を撮り忘れてしまっが、画像の赤枠の部分に黒い粘着フィルムがくっついていた。

step4

このフィルムが溶けてドロドロになっていたので、これを剥がして上から指で接触部分を軽く押さえつけてあげた。

その後、刷毛で内部の埃やゴミを取り除くと、無事に動作するようになった。

コメントする




six − 5 =