CentOS6でNetworkManagerを使ったIP固定方法

CentOS6から動作しているNetWorkManagerを使い、IPアドレスを固定する方法。

ちなみに従来の/etc/sysconfig/network-scripts/を使う場合はNetWorkManagerを無効化する必要がある。

以下、無線LANでの解説。有線でも特に変わりないと思うが。

方法

GUIでネットワークパネルを右クリックして「接続を編集する」。

接続中のSSIDを選択して「編集」をクリック。

ネットワーク接続

IPv4のセッティングタブをクリックして、方式を手動に切り替える。
アドレスの欄で「追加」をクリックし、必要情報を入力する

以下では、固定したいIPアドレスを192.168.11.55としている。

各種ネットワーク編集

入力するものがよくわからないときは、とりあえず以下で。

  • アドレス:割り当てたい固定IPアドレス
  • ネットマスク:ifconfigでwlan0のMaskの値を使う
  • ゲートウェイ:routeコマンドでdefaultになっているGatewayで確認可

DNSサーバー(D):はcat /etc/resolv.confを行うと以下のように確認できる。


# Generated by NetworkManager
nameserver 192.168.11.1

適用したらifconfigでipアドレスが固定されているか確認する。

コメントする




14 − 7 =