CentOS7で最小限のインストールからMATEをインストール

以下、VirtualBoxでログインした状態からの解説


CentOS Linux 7 (Core)
Kernel 3.10.0-229.e17.x86_64 on an x86_64
localhost login: root
Password: xxxxx
[root@localhost ~]#

手順

  1. 開発ツールをインストール
    yum groupinstall "Development Tools"
  2. EPELリポジトリをインストール後、X Window Systemをインストール
    
    yum install epel-release
    yum groupinstall "X Window system"
    
  3. MATEパッケージをインストール
    
    yum groupinstall "MATE Desktop"
    
  4. GUIで起動
    
    systemctl isolate graphical.target
    

    ログインが確認できたら、再起動する。

  5. MATEをデフォルトのデスクトップ環境とする
    
    systemctl set-default graphical.target
    

    以下のようなメッセージが出力される

    
    rm '/etc/systemd/system/default.target' 
    ln -s '/usr/lib/systemd/system/graphical.target' '/etc/systemd/system/default.target'
    
  6. 再起動すると以後、GUIで起動する
    
    reboot
    

スクリーンショット

CentOS_MATE_HOME

コメントする




20 + ten =